2010年08月01日

お台場へ行ってきた。

 この間、1年ほど使ってきたポロクラブの鞄(\880)がついに昇天しました。
 具体的な症状は安物のショルダーバッグによくある、ショルダーベルトと鞄本体の連結部分の破損。ここが金属ではなくプラスチックで造られてたりする安い鞄はまず間違いなく、ここが一番最初に破損します。

 で、今まで安鞄を使い続けてきただけあって、私この手の破損はもう何回も経験しています。毎年必ず1個は壊れる感じ。しかし今回は運が悪かった。たまたまノートPCを入れた鞄が階段を下りてる途中で破損し、落下した鞄はそのまま階段をゴロゴロゴロ……

 幸いにもインナーケースだけはケチらずに良いの買ってあったので、ノートPCの方は無事だったんですけれとも、大学の入学祝いに祖父から貰ったボールペンのクリップが折れた。
 うん、なんかこれはもうね。これは凹む。これ以上ないくらいに凹む。若干半泣きになりながら、もうこれから一生涯安物の鞄は絶対に買わねえと決意したね。


 というわけで、ショルダー兼ブリーフケースみたいな使い方のできるバッグを見に、うちから一番近い志木の0101へ。売り場に置かれているのはcalvin klein、porter、バーバリー等の名の知れたメーカーから、TakeoKikuchi、それとマルイオリジナルブランドのvisalno等。
 値段的にはvisalno<TakeoKikuchi<porter≒calvin Klen<BURBERRYといった感じ。デザイン的にはTakeoKikuchiが値段の割に良い感じで、造りも悪くなさそうに見えたのですが、おそらくメインで使うことになるであろうショルダー部分がちょっと頼りない感じ。ブリーフケースがメインで、ショルダーはおまけみたいな…
 porterはなんというか……実用性は確かにありそうなんですけれども、吉田選ぶんならTumiの方行くよなあって。BURBERRYには特に不満とかない良さげなやつがあったのですが、ブラックレーベルなんて只のライセンス品に4万も出すのとかどうなの……となんか納得いかなくて、結局ここでの購入は断念。めんどくさい奴だな自分。

 というわけで、お台場のヴィーナスフォートへ行ってきました。アウトレットモールで鞄を物色しに。決してGLAYとかが目的で行ったわけじゃない。
 しかしながら、いざ行ってみたらメンズバッグ置いてる店があんまりない。全く、下調べとか全くせずに衝動で動くからこういうことになるんです。

・サムソナイト
 うん、このメーカー名前は聞いたことある。ビジネス用のブリーフケースが30%引きで売ってました。マチ幅が3種類あって、いちばん細いのが\9,800、そこから太くなる度にプラス\2,500みたいな感じで。
 ファッション・デザインというよりも機能性重視な感じ。手持ち部分にギミックがあったり、底面が簡易スタンドみたいな形で縦置きでも安定する造りになってたり。たくさん持ち歩く人にはとても良さそうなんだけれど、そもそもそんなに持ち歩かない自分にはちょっとゴツすぎる感じ。

・ハンティングワールド
 革製メインで、主に茶系のバッグがたくさん並んでました。値段は\30,000〜\50,000とかそのくらい。モノが良いのはわかるのだけれども、でも黒が欲しいんだ黒が。

・アルマーニ ファクトリーストア
 たぶん誰でも聞いたことのある一流メーカー。店内のほぼ全品が60%引きという凄い状態。鞄も置いてるんですけれども、元の値段が……
 いち、じゅう、ひゃく、せん、まん、じゅ…、えっ一桁多くない? 60%引きで\100,000越えとかどういうことなの……。ジョルジオの方ばっかり置いてる所為で、高くて手が出ません。正直、もっとエンポリの方をこそ充実させて欲しかった。


 以上。こんな感じ。
 鞄はどうしたのかっていうと、結局ヴィーナスフォートでは買わず。帰りに渋谷寄って、ゼンモールのインポートブランドフロアで、calvin kleinのブリーフケース(セール品)買った。
 \8,500だった。安物使わないとか決意した所で、所詮\880の鞄使ってた奴の決意なんてこんなものなわけですよ。でも造りも悪くないし、機能的にも不足な所ないから、自分的にはかなり満足してしまっていたり。



PIC_0607.jpg
ちなみにヴィーナスフォート(と、帰りに寄った渋谷A|X)での戦利品。鞄はこれだっていうのがなかったけれども、あれはあれで面白いからまた行こう。
posted by Hikage. K. at 02:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 駄文