2012年11月21日

誰得なんだろうかこれは。

M-DISCというものを覚えていらっしゃるだろうか?

「一度焼いたら永久に読み出せる」が謳い文句の新規格DVD-R。
LGのドライブのみが対応しており、一部の平行輸入品が出回っているものの一般店舗ではまず見かけない製品。
いわゆる規格倒れというやつかもしれない。いや、誤字じゃなく。

IMG_1899.jpg

実は今年の頭に購入して2chで計測結果を少しだけ晒してみたりしたのだけれども。
そろそろ時効って事で本サイトの方にも書いてしまっていいよね、たぶんきっと。

で、M-DISCの特徴をまとめるとこんな感じ。

・新規格を謳っているが、実際はDVD+R。MIDが専用のものってだけ。
・DVD+RなのでLG以外のドライブでも実は焼ける。ただ、ストラテジを持ってないので品質はお察しください。
・LGの対応ドライブで焼いてみたが、品質はお察しください。どういうことなの……。
・結局BDR-S07Jで焼くのとLGの対応ドライブで焼くのも変わらない。どういうことなの……。
・具体的には、PIE100〜200前後くらいの台地ができあがる。
・つまり家庭用ドライブでの書き込み品質はお察しください。
・マジレスすると、本来記録方式を特殊なものにしたいのであれば専用の機器のみで書き込み可能なディスクにするべきだった。
・それを中途半端に家庭用DVDドライブでも書き込みできるように作るから品質も中途半端なことに……
・家庭用ドライブのレーザーでピットとランドが形成できるんだったら、太陽光でも……と思うのは邪推だろうか?
posted by Hikage. K. at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | DVDメディア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60211137
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック